読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリウッド版攻殻機動隊 感想

個人的な評価としては佳作かな、くらい。

以下ストーリーのネタバレはありませんが、ネタバレ要素ありで気になった点。

続きを読む

アメリカの片田舎でのゲーム事情

最初のブログ記事にも書きましたが、私はゲーム好きです。

アメリカでもPS4やPCでゲームを楽しんでおり、最近はForHonorやBF1をプレイしています。Switchでゼルダもプレイしたいんですが、予約せずにいたら全然在庫が無くて買えずにいます。

ゲームソフトはアメリカでほぼ唯一残ったゲーム量販店であるGameStopや家電量販店のBestBuy、何でも売っているウォールマートで買うことが出来ますが、多くのアメリカ人はダウンロード版のゲームを購入しているようです。

またお国柄を反映してか、家庭用ゲームの売り場はPS4とXboxOneがほぼ50:50くらいです。まあアメリカではXboxOneが日本ほど壊滅的な状態では無いので当たり前といえば当たり前ですが。

 

ただ、家電やゲームの売り場を見ていて気づいたのですが、どうも一部の日本のソフトメーカーやパブリッシャは、アメリカで日本よりゲームソフトの定価を安くして売っているようです。

例えばFF15なんて日本では定価9,500円ですが、こっちでは定価59.99ドルで売っていました。また、仁王も日本では定価8,400円ですが、こちらではこれも定価59.99ドルです。おまけに両ソフトとも日本語音声もしっかり収録しています。為替レートを考慮しても随分と価格差があるんじゃないんでしょうか。

まあ色々と事情はあるんでしょうけど、一人のゲーム好きの日本人としてこういう商売はあんまりして欲しくないなと思いますし、ちょっと悲しい気持ちになってしまいますね。

アメリカでの差別について私が感じたこと

私は社会学などを学んでおらず、アメリカの田舎で暮らして感じたことしか書けることが無いので、そのことについて書きたいと思います。

私はアメリカに住んで2年ほどの経験しか無いのですが、今のところ強烈な差別に遭遇したことはありません。せいぜいスーパーのバイトをしている高校生にちょっとニヤつかれたり、飲食店に入った時に前で並んでいる人からちょっと長めに見られたりした程度で、道を歩いていたらいきなり日本人もしくはアジア人だからという理由でキレられたり、殴りつけられた、という経験はありません。

スーパーや飲食店の店員はこちらがニコニコしていれば意外とフレンドリーですし、商品がどこにあるか、といった質問をしても親切に対応してくれます。

ただ一度、年配のおばあさんからセールスらしき電話が掛かってきたときに聞き取れず、面倒くさかったこともあって、「すいません。あなたの英語が聞き取れません」と返したら、「ちゃんと英語を勉強してからアメリカに来なさいよ!」とキレられたことはありました。(不思議なことにキレたときの英語は割りと聞き取れました)

これは微妙な事例だと思いますが、英語がそこまで出来るわけではない、という負い目があるので、「まあ事実だし、しょうがないよな」ということで私の中では落ち着きました。

ちなみに私が住んでいるところは先の大統領選で開票が始まった瞬間にトランプ大統領の支持が当確したくらい保守色が強い地域ですが、上記のようにほとんどの人は親切にしてくれますし、私なんかよりよほど"善人"です。

そんな彼らがなぜトランプ大統領を支持したのかは少し不思議なのですが、ヒラリーさんがかなり嫌われてしまっていたこと、マイケル・ムーアが指摘したように経済成長に取り残されてしまった、という思いを抱いていること、中絶問題などに対してキリスト教の伝統的な価値観を重んじていることなどが主だった原因なのでは無いかな、と思っています。

上手くまとめることが出来ませんでしたが、私が今までのアメリカ生活で感じていることはだいたいこんなところです。これからも今までのように平穏なアメリカ生活を遅れると良いのですが…。

はてなブログはじめました

アメリカのド田舎に住んでいる日本人です。

昔からはてな界隈のことはチラ見していたのですが、最近アメリカのことが話題になることが多くなっていた気がしたので、相互理解の一助になればいいな、という思いからアカウントを作成しました。

ゲームが好きなので、こちらのゲーム事情なんかも書いていこうかなと思っています。